3.採用戦略

採用戦略支援?一人の影響力が大きな中小企業こそ採用戦略が重要!?

事例と効果

  • 新卒なんて来ないと思っていた我社の説明会に200名の学生が来た!
  • 新卒活動に携わった幹部社員が一気に育った!
  • 若手の採用で将来ヴィジョンが明るくなった。
  • 採用戦略を通じて自社の良いところ悪いところが明確になった!
  • 中途を含めた定着率が一気に向上した。

支援の内容と流れ

採用戦略は新卒採用についての戦略を構築する事から始まると考えております。その理由は、企業のゴーイングコンサーンは理念を引き継ぐ人材があって初めて成立するとともに、理念を引き継ぐ者は真っ白な状態から育てる事が一番の近道だからです。

8月:採用チーム(3人?8人)の結成と顔見せ会の実施

自社内で採用チームを結成して頂きます。自社の良さを十分に語れる幹部と、若手社員の組み合わせをお勧めします。顔見せ会の結成後、複数の企業(3社?5社)の採用チームを複合体とし、相互の顔見せ会を行います。

9月?12月:ケミカル・リアクション会議(3?5回)の開催

人事理念(我社の求める人材に対する考え方)、自社の特徴、自社の強み・弱み、PRのポイント等々を整理し、相互に発表し、肉付けや削ぎ落としを行い、学生へのプレゼンテーションに備えていきます。

1月?5月:合同説明会の参加と単独説明会の実施

6月?8月:個別面接と採用試験の実施→内定へ